Top >  フコイダンとは? >  フコイダンともずく1

スポンサードリンク

フコイダンともずく1

フコイダンを多く含んでいるといわれる、もずくの名の由来は「藻につく」ということから
「もづく」と呼ばれるようになり、「もずく」になったといわれます。
昔から日本人に親しまれ、お通しや先付けなどに三杯酢のもずくが出ることがあります。
しかし、フコイダンを大量に含むといわれているもずくですが、残念ながら我々人間にはもずくからフコイダンを吸収するための酵素を持っていません。
ですが、全く摂取できないわけではありません。効率的な摂取が出来ないというのが現実です。
ですから、1gのフコイダンを得るためには約1kgのもずくを食べなければならないそうです。

海藻は陸上の植物と同じく光合成をして大きくなりますが、それ以外にも海中の養分を直接茎などから取り入れているので、陸上の植物よりもビタミンやミネラルが豊富だといわれています。
そのなかでも、もずくは浅い海に生息するためより栄養価が高いといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとヌメリ  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンともずく2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。