Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの産地1

スポンサードリンク

フコイダンの産地1

フコイダンの原料となるもずくなどの海藻類は、海中から養分を取り込み、濃縮する性質があります。
そのため、フコイダンの品質というものは、原料となる海藻が育つ環境によって大きく変わってしまいます。もちろん育つ海域の汚染度などが、品質に反映されるそうです。
フコイダンをもし、汚染度の高い海域で取れた海藻から取り出すとすると、当然有害物質は取り除きます。ところがその際に、いちばん必要なフコイダンの硫酸基までも取り外してしまう、可能性があるそうです。
また産地や、もずくの種類によってフコイダンの含有量が違いますが、濃縮など加工によってフコイダンの性質が変わります。

フコイダンは、トンガ王国産や沖縄産などがありますが、一般的に深い海域で成長する褐藻類よりも浅い海域で繁茂する褐藻類のほうがフコイダンの含有量が多いといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの研究  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの含有量とは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。