Top >  フコイダンとは? >  フコイダンともずく2

スポンサードリンク

フコイダンともずく2

フコイダンをはじめとして、様々な栄養を含んだ海藻類ですが、昆布、ワカメ、モズク、ヒジキ等があり、その昔から体に良いと言われて来ました。そのなかでも、もずくはナガマツモ科の海藻で日本では北海道を除く、比較的に暖かな沿岸で繁殖しています。
もずくには、イトモズクと沖縄モズクがあり、沖縄モズクの方が栄養価も高く食感が良いことから国内で消費されるモズクの90%を占めています。そしてその大半は沖縄県で養殖されています。
あるサイトでは、沖縄産モズクよりもトンガ産モズクのほうが、フコイダンの含有量が多いとされています。
しかしながら、数値的に証明されたものではないようです。
きれいな海でビタミンやミネラルを多く含むことと、フコイダンが関係しているかは不明です。しかし、汚染の少ない海で育ったもずくはそれなりに栄養価があるという事は否めません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンともずく1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと海藻  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。