Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの産地2

スポンサードリンク

フコイダンの産地2

分けられます。日本国内でとれるもずくは、沖縄を中心に収穫されるオキナワモズクが全体の 90%を占めているそうですが、トンガ王国でとれるもずくが 最近注目されるようになっています。

フコイダンの含有量は、トンガ王国産の天然もずくのほうが、日本で養殖されるモズクにくらべ、3倍含まれているという説もあります。 海藻類は、海水中の成分を取り込み成長しますので、育つ環境に成分が大きく左右されます。
もちろん、取りこんだものが、ビタミンやミネラルなどの栄養素であれば、それだけ栄養価の高い海藻に育ちます。もちろんフコイダンの質にも大きく関係してきます。またフコイダンを海藻から取り出す加工過程でも、海藻が育った環境が影響することがあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの基準  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの産地3  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。