Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの産地3

スポンサードリンク

フコイダンの産地3

フコイダンの元となる海藻類の産地で、多く取り上げられるトンガ王国ですが、この国は南太平洋に浮かぶ大小 約 170 の島々からなりたっており、その島々はサンゴ礁でできた島です。この海域の海水は、ミネラル分をたくさん含んでいるそうです。

そのため、フコイダンの元となるもずくの育つ環境はとしては、とてもよい環境だと思われます。他の海域に比べて化学物質や 放射線物質などは遥かに低レベルであるといえるでしょう。
フコイダンは、浅い海域で育った海藻の方が含有量が多いという報告もあり、特に浅い海域での汚染度が問題になると思われます。
フコイダンの品質を高度に保つためには、原材料となる海藻類の品質にも気を配る必要があると考えられます。ひいては、フコイダンを選ぶ際にその原材料の産地のみならず、原材料の育った環境も十分考慮されるべきものだといえます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの産地2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの産地4  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。