Top >  フコイダンとは? >  フコイダンのはじまり

スポンサードリンク

フコイダンのはじまり

フコイダンはスウェーデンの学者、ウプサラ大学のキリン教授が1913年に
コンブのヌメリ成分のひとつとして発見したものです。
フコイダンの姿は海藻の表面を覆う「ヌルヌル成分」です。
海藻の葉にある粘膜管から分泌されていることが見つけられました。

フコイダンとは褐藻類といわれる海藻のコンブ、ワカメ、メカブやモズクなどにだけ含まれるもので、
ヌメリ成分の中にある水溶性食物繊維のひとつです。
しかし、褐藻類のヌルヌルをすべてフコイダンと特定するのは、まだ問題があるといいます。
フコイダンと特定する厳格な定義については、実は今のところ確定していないそうです。

フコイダンは、自然の中できびしい潮流から葉や茎を守るため、海藻類の体を柔軟にする
働きがあると考えられており、彼らたちにとってはとても必要な成分となってます。
また、フコイダンのヌメリ成分は、海草についた傷の修復や微生物に食べられないためのものでもあります。

スポンサードリンク

トップページ  |  次の記事 フコイダンとガン1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。