Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの現状

スポンサードリンク

フコイダンの現状

フコイダンは、90年以上昔から発見されていたにもかかわらず、その複雑な多糖類の結合のため研究は遅々として進みませんでした。しかし近年のフコイダン研究によってその構造が明らかにされはじめたのです。

フコイダンは、平成8年から平成10年の間でも、糖質シンポジウム、日本生化学会、日本癌学会などで
7回も研究発表がなされています。

フコイダンは九州大学病院などで研究が行われていますが、
医学的なメカニズムの証明は、まだまだ研究の余地があります。
フコイダンの研究論文は、日本だけでなく海外でも注目をあつめています。
特にアメリカなどでは、日本よりもフコイダンの注目度は高いと言われています。
なぜなら、アメリカには常に良い物はすぐに取り入れようとする進取性と、
自分でも病気を治そうとする姿勢があるからです。
フコイダンは今後アメリカで普及する可能性が、高いといえるでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとピロリ菌  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのアポトーシス誘導作用  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。