Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの成分

スポンサードリンク

フコイダンの成分

フコイダンは医薬品ではありません、いわゆる健康食品・サプリメント(栄養補助食品)です。
フコイダンという成分・物質が学術的にどのような物なのでしょうか?
フコイダン(fucoidan)とは海草褐藻類の中に含まれている成分・物質であり、
化学的に説明すると「全糖」「灰分」「硫酸基」「ウロン酸」が結びついた
「Dキシロース」「Lフコース」を主成分・構造とした粘質多糖類の一種と説明できます。
多糖類というのは、多くの糖成分が分子レベルで統合された物質の総称です。
フコイダンも多糖類のいち種類です。

フコイダンと特定する厳格な定義については、じつは現在確定されていません。
そのためフコイダンは「フコイダン様多糖類」等と呼ばれている場合があります。
フコイダンは海藻のヌルヌルした成分の中に存在します。しかし海草褐藻類のヌルヌル成分全般をもって
フコイダンというのは間違いが多いと思われます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとアポトーシス作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと代替医療  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。