Top >  フコイダンとは? >  フコイダンと硫酸基

スポンサードリンク

フコイダンと硫酸基

フコイダンそのものは100年近く前に発見されていましたが、
フコイダンは分析する事が大変難しかったのです。なぜなら、フコイダンは構造が非常に複雑に絡み合った多糖類だったからなのです。

なぜ難しいかというと、フコイダンの大きな特徴として、他の多糖類とは大きく違い「硫酸基」という成分を多く持っているからなのです。硫酸基は、とても分析しずらいものなのです。その硫酸基の単体としての特徴はヌルヌル状の状態を作り出すという点にあります。
それまで、あまり振り返られなかったフコイダンの成分は、すこしづつ、ごく最近になってから解明され始めました。
この硫酸基という物質は、人間の胃の中にも存在しています。そしてこの硫酸基は胃粘膜を強力な胃酸から守っているのです。
フコイダンの大きな特徴は「硫酸基と結合している多糖類」を持っていることです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとアガリクスの違い  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・低分子が良い理由4  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。