Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの分析

スポンサードリンク

フコイダンの分析

フコイダンは100年以上も前に発見されているにも関わらず、
最近まで、専門的に研究の対象になることはありませんでした。なぜなら、そのフコイダンの構造が多糖類として
非常に複雑に絡み合っていて、分析が大変難しい物質だったからなのです。
専門的なお話になりますがフコイダンは、「フコース」と呼ばれている糖に硫酸基が結合したものが、
数多く連結したものを総称して、”フコイダン”と呼んでいます。
このように数多く連結したものが、以前の技術では解明できなかったのです。
しかし、現代の技術でこの複雑なフコイダンの構造を解明できるようになると、
一気にフコイダンの効果が検証できるようになりました。
ここにきて、やっとこのフコイダンの効果が発表されるようになりました。
しかし、まだまだフコイダンについて解明されていないことが多く、
硫酸基多糖体自身をフコイダンとするのか、多糖体全体をフコイダンとするのか、
決定されてない状態です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとは  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。