Top >  フコイダンとは? >  フコイダンとヌメリ

スポンサードリンク

フコイダンとヌメリ

フコイダンとは、硫酸化多糖類という昆布やモズクなどについているヌメリ成分のひとつであると
言われています。しかし、フコイダンはヌメリ成分の中のひとつであり、ヌメリ全体をフコイダンとするには
無理があるといわれています。
フコイダンは硫酸基にフコースが結合したものなのですが、
硫酸基自体は、劇薬の硫酸の元なのですが、これが単体で存在する場合は全く無害だとされています。
硫酸基は単体で存在する場合、ヌルヌル状態を作り出す性質があります。
また、硫酸基は人間の胃の中にも存在し胃粘膜を胃酸から守る働きをしています。

しかし、フコイダンを含むヌルヌル成分は、昆布やモズクが潮の流れや砂などで茎や葉が痛んだ場合、
その傷から細菌が進入するのを阻止したり、乾燥しないよう保水力を保つための働きをすることが確認されています。
ここにフコイダンの可能性が見出されているのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとは  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンともずく1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。