Top >  フコイダンとは? >  フコイダンと海藻

スポンサードリンク

フコイダンと海藻

フコイダンは、海藻に多く含まれる成分です。特に海藻特有のヌメリ成分の中に存在します。褐藻類には、海藻フコイダンが乾燥重量の約4%前後含まれています。その中でも沖縄もずくには多く含まれるといわれ、昆布の5~8倍も含まれているそうです。
フコイダンの分子構造は海藻の種類によりすこしずつ異りますが、基本的な構成主成分はどれも「フコース」「硫酸化フコース」と呼ばれている糖が主な成分です。
フコイダンは、日常の食生活の中でむずくなどの海藻類を食べるだけでも、摂取は可能です。フコイダン自身は耐熱性も高く、スープなどにしても問題はありません。日々の食生活からフコイダンを摂取し、体質改善を目指すことも可能です。
しかし、がんの治療などでフコイダンを摂取する場合、一日約3g~6gのフコイダンが必要だといわれています。これは、もずく3kg~6kgに相当するため、食事からというわけにはいきません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンともずく2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの研究  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。