Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの含有量とは

スポンサードリンク

フコイダンの含有量とは

フコイダンのサプリメントは、フコイダン含有量などという表示がよくなされています。しかし、含有量とはまた別にフコイダンの純度という尺度が存在します。
フコイダンは元来、「フコース」だけでできているものを フコイダンとよび、他の糖も含んでいるものを、 フコイダン様 多糖体と分けていました。しかし、現在フコース以外の キシロース、ガラクトース、ウロン酸を含めてフコイダンと呼ばれています。
このため、単純にフコイダン含有量の表示だけでは、フコイダンの純度という見地からは見えてこないものがあるようです。ここで、フコイダンの純度はどのようにして測るかというもんだいになりますが、フコイダンの成分は硫酸基が基本になっています。この硫酸基の結合量がフコイダンの純度を測る目安ともいえます。そのため、硫酸基の結合量が高い製法を使った、フコイダン製品を選ぶことが重要になります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの産地1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの基準  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。