Top >  フコイダンとは? >  フコイダンと分子

スポンサードリンク

フコイダンと分子

フコイダンとは数千~数百万、数千万の分子量をもつL-フコースの分子体を刺します。これを総称してフコイダンと呼んでいます。分子体というのは、ある分子が特殊な形状で連鎖した分子の集まりをさします。
フコース(fucose )は、デオキシ糖の一種です。
糖の分類としては、単糖2分子が結合して1分子となったものを二糖といい、単糖3分子が結合したものを三糖といいます。単糖2分子~20分子よりもさらに多くの単糖が結合したものを多糖といいます。
フコイダンは、L-フコースが複雑にからみあった多糖体といわれてます。

この複雑に絡み合った、多糖体であるフコイダンは海藻から発見されました。フコイダンの分子量があまりに大きいため、どの程度の分子量が最適であるかが研究されました。結果的には30000~300000の分子量を持つフコイダンが有効であるといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの産地4  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの分子量  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。