Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの分子量

スポンサードリンク

フコイダンの分子量

フコイダンは、分子量があまりに多いため、どの程度分子量で効果が最適に出るか実験されています。その結果として、30000~300000の分子量を持つフコイダンが効果的であるといわれています。
フコイダンについて、報告されている多くの効果や作用はこの分子量のフコイダンによるものといわれています。
このことから、フコイダンの作用を有効に得るためには、この分子量を守る必要性があります。そのため、むやみに低分子化したフコイダンは、多糖類というカテゴリーから外れて、他の糖類と同じ働きしか得られない可能性があります。
フコイダンは、L-フコースが複雑にからみあった多糖体であるという定義をはずしてはいけないといわれています。あくまでもフコイダンのあるべき姿を維持して、摂取するほうが効果が得られやすいということです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと分子  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。