Top >  フコイダンとは? >  フコイダンの形状

スポンサードリンク

フコイダンの形状

フコイダンは、ヌルヌルの成分硫酸基ですが、海藻類の身体を守るためといわれています。
たとえば、海草が陸へ上がってた時にも、身体が乾きにくくする効果がフコイダンにはあります。
フコイダンは、また身体に傷をつけないためのクッション役にもなっています。
深い海で生育した海草よりも、浅い海で生育した海草の方がフコイダンの含有量が多いといわれていますが
定かではありません。

現在販売されている、フコイダンの原料はトンガ産のものと沖縄産のモズクが多くを占めています。
またフコイダンの形状も様々あり、カプセルタイプ、顆粒タイプ、ゼリータイプ、液状タイプなどがあります。
カプセルや顆粒タイプのフコイダンは、海草の匂いが気にならず、携帯に便利ですが、嚥下(飲み込む)ことが困難な方には不向きです。
また、ゼリータイプや液状のフコイダンは、飲みやすい(嚥下しやすく)のですが、糖分が多く含まれているので、気になる方はおすすめできません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの抗アレルギー作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの新生血管抑制作用  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。