Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・高分子が良い理由10

スポンサードリンク

フコイダン・高分子が良い理由10

フコイダンを低分子化すると、分子構造が破壊され生理活性を失うといわれています。
生理活性とは、物質が本来もっている働きが生態に及ぶことなどをさします。分子構造というものは、その物質が持っている性質を表す最小の単位をいいます。ですから、フコイダンは分子構造が大きいといって、低分子化するとフコイダンではなくなってしまいます。少なくとも、フコイダンの効果が薄れてしまい、また本来望まれる効果が出ないことも考えられるでしょう。
フコイダンとはフコースが特殊な状態で結合して連なっており、それが3連鎖を繰り返し多糖体の状態になったものがフコイダンであると科学的に定義されています。
フコイダンは、多糖体であり(糖が鎖のようにいくつかつながった状態)高分子フコイダンというよりは、この状態が本来のフコイダンの姿なのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン・高分子が良い理由9  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・低分子が良い理由7  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。