Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・低分子が良い理由10

スポンサードリンク

フコイダン・低分子が良い理由10

フコイダンの低分子化は、理屈としてはよくわかるのですが、フコイダンの吸収率を上げることにばかり集中していて肝心な効果の程が得られないのでは問題です。
そこで考え出されたのが、フコイダンの硫酸基の結合を保ちながら、その上で、分子量を小さくする技術の開発です。
そしてその技術は現在できているようです。その技術の簡単な説明としては、海藻類を食べて生きているあわびなどの貝類がもつ消化酵素を利用する方法だそうです。あわびなどの貝類は海藻を食べて生きていますが、人間には無い消化酵素を持っているそうです。その酵素を取り出して利用し、フコイダンの低分子化に成功しているそうです。これにより、フコイダンの分子量を 500以下にすることが可能になったそうです。もちろんこれは特殊製法で、現在この製法特許をとっているそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン・低分子が良い理由9  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・低分子が良い理由11  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。