Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・高分子が良い理由11

スポンサードリンク

フコイダン・高分子が良い理由11

高分子が良いという理由は、簡単にいうと、主に大きなふたつに分けられます。
ひとつは、フコースを筆頭に、ガラクトース、マンノース、キシロース、グルクロン酸、アルギン酸など10個以上の糖に硫酸基が付いて構成されている硫酸化多糖類が本来のフコイダンの姿であり、このような自然な形であることが、フコイダンの働きのために必要だということです。

また、別のひとつの理由としては、たとえ吸収されない高分子であっても、体内に取り入れることで粘膜やパイエル板に作用し、免疫機能に働きかけるというフコイダンの働きが、数年前より学会で発表されています。
また、最近の研究結果から高分子フコイダンであっても一部吸収されることが解明されているそうです。
このような観点から、フコイダンは高分子であるべきだ。という意見が生まれてきているのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン・低分子が良い理由11  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンは高分子と低分子どちら?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。