Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・低分子がよい理由1

スポンサードリンク

フコイダン・低分子がよい理由1

フコイダンの分子の大きさは腸の粘膜が、食べたものをムリなく吸収することのできる 分子の大きさとくらべて、
50倍 から 300倍 以上も大きい高分子状態です。このような高分子状態の物質は、体内で吸収されずに排出されてしまいます。そのために、大量にフコイダンを摂取しても無駄になる可能性が高いのです。
ここにフコイダンを低分子化する理由があります。
フコイダンを低分子化すると、体の中にしっかり吸収され血管をきちんと流れるようになります。そして、あらゆる部位に対応するようになります。また、胃腸の弱った方やお年寄りでも吸収力が高まります。

フコイダンが低分子化されるということは、体内に吸収されやすいということです。
そしてそれは、フコイダンの効果が体内全体に作用されやすいということが、メリットされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの免疫賦活作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと食物繊維  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。