Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・低分子が良い理由2

スポンサードリンク

フコイダン・低分子が良い理由2

フコイダンはよく直接患部に接触しなければ効果がないといわれています。フコイダンを口から摂取した場合、喉頭癌、舌癌、食道癌、胃、大腸癌などに効果が見られることがわかっていますが、それ以外の部位の場合、フコイダンが直接触れないわけですから、効果が期待できないといわれていました。

そこで、低分子化が必要になるといわれています。
つまり、フコイダンが体内に吸収しやすい低分子状態であれば、血液やリンパ液などに運ばれて、
フコイダンが患部に直接触れる事が可能になるという理由です。低分子化のメリットは体内をフコイダンが巡回するという点にもあります。

またフコイダンを飲用すると、患部が熱くなるまたは体温が上がるという感想があるそうですが、これは患部にフコイダンがたどり着き作用した結果であると説明する向きもあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの免疫強化作用 2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗アレルギー作用  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。