Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・高分子がよい理由2

スポンサードリンク

フコイダン・高分子がよい理由2

フコイダンは腸管で吸収されて作用するものではなく、高分子のために腸管に吸収されないことが重要であるという見解があります。
その見解の裏付けは、フコイダンのように分子結合が強い物質は、低分子化されても元来吸収されにくいものなので、体内に吸収され作用するという考え方では説明がつかないという事実です。
高分子フコイダンは、高分子がゆえに腸管で吸収されにくいのですが、逆にこれが作用しているという意見があります。

つまり、フコイダンは結合が強すぎる超高分子なので、人間の身体自身が強力な異物が侵入してきたと判断し、結果的に免疫力が強化されるのではないかという理論です。
フコイダンを低分子化すると、上記のような体内メカニズムが働かず、フコイダン本来の効果が現れないことになるという説が、フコイダン高分子派の意見となっています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンのアポトーシス誘導作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと成人病予防  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。