Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・低分子が良い理由3

スポンサードリンク

フコイダン・低分子が良い理由3

フコイダンの低分子化が良い理由として、胃腸の弱った方やお年寄りでも吸収力が高まるようにするというものがあります。そして、全身にフコイダンを行き渡らせることによって直接腫瘍に作用すると考えられるからです。
がん細胞に対するアポトーシス誘導を起こさせるためには、 フコイダンが血管を通って腫瘍に届かなければならない。そのために吸収しやすい低分子化が必要だという考え方です。

具体的いうと、消化器系統ではない部位のがんは、フコイダンが直接患部に接触しません。もし、フコイダンが直接接触しなければ効果が見えないのであれば、消化器系以外のがんはフコイダンでは改善しないということになります。しかし、フコイダン以外の投与をしていない患者さんの、肺がんの腫瘍マーカーが下がっていったという報告もされています。これは、低分子化したフコイダンが、患部へ届いたからという説が成り立ちます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと水溶性食物繊維  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと保湿作用  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。