Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・高分子が良い理由3

スポンサードリンク

フコイダン・高分子が良い理由3

フコイダンは低分子化しても多糖類です。人間は糖質は二糖類以上だと吸収しません。つまり、フコイダンは吸収されないということになります。
そのため、フコイダンのように分子結合が強い物質は吸収という意味から考えると、フコイダン自体の作用は吸収によるという説が崩れてしまいます。これがフコイダンの高分子が良いという理由のひとつです。

また、フコイダンの超低分子化は技術的には難しくないのですが、「極端な超低分子化は硫酸基と複雑に絡み合って成り立っている「多糖類」としてのフコイダンの構造が崩れてしまうことになり、本来あるべきフコイダンの姿ではなくなってしまう」という事が、最近の研究で解明発表されています。

フコイダンの作用を考えるとき、あるがままのほうがよりよい結果が得られると考えるのが、
フコイダンは高分子が良いとされる理由です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとアガリスク  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとアポトーシス作用  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。