Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・高分子が良い理由4

スポンサードリンク

フコイダン・高分子が良い理由4

フコイダンの分子構造は硫酸基を含んでいる事が大きな特徴といえます。
この硫酸基結合量がフコイダンにとっての、アイデンティティとなります。つまり、フコイダンとは=硫酸基の量といえます。これをもう少し詳しく専門的にいうと‥
「硫酸基の結合」というのはフコースと硫酸基の結びつきのことをいいます。
これを、低分子化して硫酸基結合を外してしまうと、これはフコイダンとは呼べなくなってしまいます。

フコイダンは、硫酸基の結合が13%以上ない場合、本来フコイダンとしての機能を100%有していないとされています。
フコイダンがフコイダンとして作用するためには、硫酸基結合重要でありこれを崩してはフコイダンの作用が期待できなくなるとされています。

フコイダンは高分子であるがために、間接的に免疫活性を呼び起こさせると言われています。そのためにもフコイダンは高分子でないとならないといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと代替医療  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンは美肌にもいい?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。