Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・低分子が良い理由4

スポンサードリンク

フコイダン・低分子が良い理由4

フコイダンの分子がそのままの大きさであれば、それは腸の粘膜が、食べたものを吸収することができる
分子の大きさの、最大300倍も大きいのです。 このままでは、体内にフコイダンは吸収されません。
そこで、サザエやあわびなど海草を食べる貝類がもつ、酵素を流用しフコイダンを低分子化する技術を開発しました。

この方法で低分子化されたフコイダンは、硫酸基の結合が13%以上というフコイダンの基準値を
オーバーする16%以上という結果がでました。
これは製法特許をとったもので、シーフコイダンと呼ばれています。
低分子なので、年配や胃腸の弱った方、がん治療などで吸収力の低下された方でもほぼ100%の吸収率が見込めます。
また、低分子シーフコイダンには本来人間がつくり出すことができない、必須アミノ酸9種類がバランスよく含まれており、健康食品の側面も有しています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと硫酸基  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと長寿  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。