Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・高分子が良い理由5

スポンサードリンク

フコイダン・高分子が良い理由5

フコイダンは元々は高分子体です。人間の身体は、フコイダンを異物として受け取るという考え方があります。
そのフコイダンという異物が体内に入ってきたことに対して注意が喚起され、全身の免疫力が一気に高まる傾向になるといわれています。
このメカニズムを、もう少し詳しく言うと、フコイダンは高分子ゆえに小腸にあるM細胞で異物として扱われます。その際に、異物が侵入してきたという情報が全身にめぐり、結果的に免疫力が強化されるという仕組みです。
これは、高分子であり、そろを異物と身体に判断させるからこそ、起こりえる作用だといえます。

フコイダンを低分子化によって硫酸基がバラバラにした場合、吸収はされやすいと思われますが効力という面では疑問が残ると思われます。腸での免疫受容体への作用から考えると、フコイダンは高分子の方が効果が高いと思われるという意見を言われる研究者もいます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン・低分子が良い理由6  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・高分子が良い理由6  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。