Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・低分子が良い理由6

スポンサードリンク

フコイダン・低分子が良い理由6

フコイダンが低分子の方が良い理由として、
フコイダンは直接患部に接触しなければ効果がない?という見解があります。
フコイダンは、喉頭癌、舌癌、食道癌、胃癌、大腸癌などのがんに作用したという報告があります。
この患部は、フコイダンが直接がんに触れていると部分ばかりです。
この結果から、上記以外のがんには効果が無いのでは?という意見が出されています。つまり、フコイダンがじかに接触しない患部のがんは、フコイダンの効果が得られないという意見です。
これの意見の対策として、フコイダンの低分子化が考えられました。フコイダンを低分子化し体全体にいきわたりやすい状態とするという発想です。
この低分子フコイダンを服用したがん患者さんは、フコイダンを服用した後には患部が熱くなったという感想が得られたそうです。これはつまり、がん細胞がフコイダンを取り込んだという証左だとされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン・低分子が良い理由5  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・高分子が良い理由5  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。