Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・高分子が良い理由7

スポンサードリンク

フコイダン・高分子が良い理由7

フコイダンは高分子よいという意見の中で、もっとも説得力のある意見は
フコイダンの吸収量が問題ではなく、フコイダンの効果が現れるためには、どうあるべきかという意見です。
結局のところ、フコイダンで期待される効果はどのような状態がもっとも高いかということです。

フコイダンは腸管に入ると吸収されずに、腸のパイエル板にあるM細胞に取り込まれます。
その後マクロファージなどと連携するため、フコイダンを効果的に利用するには低分子化するのではなくて、適正な分子量にフコイダンを調整することが必要だと思われます。
このメカニズムから考えられることは、『消化器系以外には低分子でなければ意味がない』という意見は、あまり的を得ているとはいえません。またフコイダンが低分子であれば、吸収量が多いという実験結果も現状のところでていないようです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン・高分子が良い理由6  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・高分子が良い理由8  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。