Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・低分子が良い理由7

スポンサードリンク

フコイダン・低分子が良い理由7

フコイダンは低分子がよいという意見の中で、いちばん多いのものは、
フコイダンは高分子多糖体といわれるものであり、いくつもの糖が複雑に絡み合って構成されている多糖類といわれる物質であります。多糖類は、体内に吸収されにくく、効果にバラツキが出るというのが現状です。
人間の健康に良い多糖類として、キノコ類に含まれるβ-Dグルカンがあげられますが、これも高分子に分類されるもので、人間の腸からはほとんど吸収されずに排出されている‥という意見です。

そこで、
フコイダンを体内で吸収可能な分子量は5000以下に抑える、フコイダンの低分子化を行う必要があるというものです。小腸から体内に栄養分などを取り込む絨毛上皮の孔は、1万分の1ミリというものすごく微細な孔であり、この孔を通過できないと体内にフコイダンを取り込めないのです。そのためにフコイダンの低分子化が必要だといわれます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン・高分子が良い理由10  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・低分子が良い理由8  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。