Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・高分子が良い理由8

スポンサードリンク

フコイダン・高分子が良い理由8

フコイダンは高分子が良いという意見の中で、よく言われることが
フコイダンは、高分子多糖類に分類されることが本来で、高分子多糖類というものはフコースやガラクトース、マンノース、キシロースなどの分子が強く結合している、非常に壊れにくいものをいいます。ですから、元々が高分子であるフコイダンを低分子化すると、フコイダンという構造を破壊してしまうことになり、フコイダンとは呼べなくなる。という意見です。
フコイダンを低分子化することで、硫酸基結合を外してしまい『硫酸基の結合』とはフコースと硫酸基の結びつきのを外してしまったら、フコイダンではなくなってしまう。というのが意見の骨子です。

また、フコイダンの機能を発揮する基準として使用されている数値があります。それは、「硫酸基13%以上」という基準です。これはフコイダンを形成する分子の一つ「フコース」と「硫酸基」の結合割合を指します。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン・高分子が良い理由7  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・高分子が良い理由9  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。