Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・低分子が良い理由8

スポンサードリンク

フコイダン・低分子が良い理由8

通常もずくなどから抽出したままのフコイダンは、高分子のままですから、約4~5%しか吸収されないと考えられます。
フコイダンを低分子化することによって、病気でからだが弱ってしまっている方や、胃腸の働きが弱っている方、小さな子供や高齢者の方までだれでもが、フコイダンの有効成分を容易に摂取できるようになるといわれます。
低分子フコイダンは、一定期間大量飲用を行うとQOLの向上・化学療法に耐えうる体力がつけられ、奏功率の向上が見られるといわれています。 それは、適切な摂取の仕方と適切なタイミングがあるといわれます。

このように、低分子フコイダンであれば、摂取の方法、タイミング、体質、体の状態を考えて服用すれば効果は高いといわれています。何よりもフコイダンを吸収し、患部に行き渡る事を念頭においた考え方です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン・低分子が良い理由7  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・低分子が良い理由9  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。