Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダン・低分子が良い理由9

スポンサードリンク

フコイダン・低分子が良い理由9

フコイダンを低分子化すると、フコイダンといえなくなるのではないか?という問いに対して答えを出したものもあります。
フコイダンを低分子化する方法はそれほど難しい技術ではないそうです。しかし、問題となるのはフコイダンを低分子化してしまうと、フコイダンには絶対に欠かすことのできない「硫酸基」という物質の分子結合を解いてしまうことになります。フコイダンは「硫酸基」があって初めてフコイダンたりえるのであり、「硫酸基」を分解するとフコイダンでなくなるというのが、高分子支持派の意見です。

ここで、どの程度の硫酸基があるとフコイダンと呼べるのかという基準が必要となりました。
そこで、フコイダンの研究を続けている研究博士による、フコイダンに必要とされる条件あります。そこでは「硫酸基の結合量が 13%以上」とされてました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン・低分子が良い理由8  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・低分子が良い理由10  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。