Top >  フコイダン高分子?低分子? >  フコイダンの高分子と低分子どちらがいいのか概要

スポンサードリンク

フコイダンの高分子と低分子どちらがいいのか概要

フコイダンは多糖類であり、なかなか壊すことのできない、強い分子の結合です。そこでよりフコイダンを吸収されやすくするには、低分子化するほうが良い、という意見がでてきました。
フコイダンの大きな分子の塊より、小さな分子に分解して、低分子化すれば吸収しやすくなり、
効果が期待できると考えられたのです。
事実人が噛み砕いて飲み込み、胃腸で吸収される分子の大きさを3~4とすると、フコイダンの分子の大きさは200ぐらいとなります。

しかし、フコイダンは、高分子多糖類に属します。
そのため、フコイダンを低分子化するとフコイダンとは厳密には言えなくなるという説もあります。
また、フコイダンを低分子化すると、硫酸基がバラバラになるのでフコイダンとしての効力に疑問が残ります。

フコイダンを低分子化する場合と高分子のままどちらが、効果的なのでしょうか?

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとガン1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果概要  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。