Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンとがん治療1

スポンサードリンク

フコイダンとがん治療1

フコイダンを使うがん治療は免疫治療に近い治療方法です。
なぜなら、フコイダンが免疫細胞を活性化させ免疫力を増強させる(免疫賦活作用)
強い働きがあるとされるからです。
この免疫治療はこれから有効な治療法だといわれています。

たとえば、他のがん治療の方法として手術があります。この治療方法のメリットとしては、
脳腫瘍など一部のがんには、とても有効な治療方法だといわれています。
しかし、デメリットとしては手術によって、免疫力の低下が起こり数ヵ月後、数年後にがんが再発する
事例が多いと言われます。また患者には、手術を受けるための体力が必要となります。
つまり、手術を受けるための適応が必要になります。

ところが、フコイダンなどを使う免疫治療には患者の体力はあまり必要とされていません。
元々人間がもつ免疫力を強化するからです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと自滅誘導作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん治療2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。