Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンの効果測定実験1

スポンサードリンク

フコイダンの効果測定実験1

フコイダンには、がん細胞が自身を成長させるために行う血管新生を妨害する働きがあることが、
これまでのフコイダンのさまざまな研究で明らかになっています。
正常な細胞が突然変異したがん細胞は、細胞分裂を行い長い時間をかけて少しづつ大きくなっていきます。
死滅することはないので、すこしづつとはいうものの確実にがん細胞は増えてゆきます。
最近の研究では、がん細胞の増殖はある程度まではゆっくりしたスピードで進んでゆきますが、がん細胞が自身で作り出す新生血管ができたときに、爆発的に増殖することがわかりました。

フコイダンには、新生血管が増えることを妨害する作用があるといわれています。この新生血管はがんの生命線ともいえますが、この新生血管を作り出す時点で、フコイダンを投与するとどのような効果があるか?という実験がなされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと東洋医学  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果測定実験2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。