Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンの血管新生抑制効果1

スポンサードリンク

フコイダンの血管新生抑制効果1

フコイダンの効果として、血管新生の抑制という効果があります。
血管新生の抑制というのは、異常細胞の栄養補給経路、転移経路を断つという作用をいいます。
つまり、がん細胞への栄養補給経路を絶つ効果をフコイダンが持ち合わせているといわれているのです。
フコイダンには、元来がんに対していくつかの攻撃力を持っているとされています。それは、免疫力の活性、異常細胞を自滅させる(アポトーシス誘導)です。そこにプラスしてフコイダンの持つ攻撃力とされるのが、「血管新生の抑制」なのです。
がん細胞は、体の中で長い時間をかけて少しづつ大きくなっていきます。細胞分裂をくりかえて、増えていくがん細胞も、そのために栄養が必要なのです。
がん細胞は、そこで自身が大きくなるため、新しい血管を増殖した細胞の周りに張りめぐらせ栄養補給を行なうのです。
フコイダンはこのがん細胞の血管生成を抑止するといわれているのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの効果と体温  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの血管新生抑制効果2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。