Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンとがん治療2

スポンサードリンク

フコイダンとがん治療2

フコイダンが免疫治療の一部だとすると、免疫治療は他の治療法とどこが違うのだろうか?
免疫治療法とは、人間が元から持つ体内の異物を排除する力を強化する方法です。
これを強化することで、がんという体内の異物を排除する治療法です。

たとえば、他に放射線治療というがん治療法がありますが、一部のがんで延命効果があるだけで
根治療法とはいえません。また放射線技師の技量に左右され、成果が大きく効果が違うというデメリットもあります。
また抗がん剤という治療法もありますが、ほとんどの固形がんでは奏功率が低く効果が受けられず、逆に抗がん剤の副作用が強すぎる場合が多いといわれます。

フコイダンなどを使う免疫治療法には、副作用はありません。なぜなら、自分の機能を高める方法だからなのです。
また体質による効果の差はありますが、人の技量による効果の差はありません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとがん治療1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと免疫治療  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。