Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンの血管新生抑制効果2

スポンサードリンク

フコイダンの血管新生抑制効果2

フコイダンの血管新生抑制効果は、がん細胞が栄養補給のため自身で作り出す血管の生成を抑制するとされています。
がん細胞は直径2ミリを超えると、血管新生を始めるという最近の研究データがあります。さらに問題なのは、この生成された血管は、がん細胞の転移ルートとしても使われるとされています。
血管生成を止めることは、がん細胞の増殖を根本からとめることとなります。
フコイダンががん細胞への血管新生抑制効果があるという研究結果が公表され、これによりフコイダンへの期待と注目が高まりました。
また、サメ軟骨にも血管新生抑制効果が認められることが、最近明らかになりました。サメ軟骨の認知度は高い上に人気があります。
統合医療を行う医療現場では、フコイダンとサメ軟骨をあわせて、現在代替医療の素材そして代表的な機能性食品として認められています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの血管新生抑制効果1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのがんに対する効果とは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。