Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンの免疫強化作用 2

スポンサードリンク

フコイダンの免疫強化作用 2

フコイダンには免疫強化作用が認められます。
免疫力が落ちていると、がん細胞を発見する力やがん細胞を攻撃する力が落ちてしまい、がん細胞は成長してしまいます。また免疫力が低いままでは、がんの完治もままなりません。
しかし、多くの患者さんたちは、がんそのものの影響や、がん治療の副作用によるダメージによって免疫力が低下しています。
フコイダンは、この免疫力を強化する作用が認められています。
具体的には、がん細胞と戦う正常細胞と呼ばれる細胞があり、それらは、マクロファージ、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)と呼ばれており、これらの細胞の活性化を促すのです。
フコイダンの新生血管抑制作用は、がんそのものに直接作用しますが、フコイダンの免疫強化作用は、がんそのものに作用するのではなく、がんに対抗できる健康な身体にシフトさせることにより、結果的にがんを克服する間接的作用といえます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの硫酸基2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・低分子が良い理由2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。