Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンとガン1

スポンサードリンク

フコイダンとガン1

フコイダンには、がん細胞を自滅へ導く自滅誘導作用があるといわれています。
この作用は、アポトーシス誘導作用と呼ばれています。
すべての生物の細胞には、異常な状態であるとか老化するであるとかの状態になると、
自ら自滅するための命令を出す装置を遺伝子として持っています。よく例にだされるのが、おたまじゃくしの尻尾です。
おたまじゃくしの尻尾は、成長するにつれ自然に退化しているのです。これがアポトーシスといわれるものです。
また、枯葉が落ちるのもアポトーシスの作用によるものです。
この細胞のアポトーシスは、悪い細胞や古い細胞が死に至り、新しい細胞が生まれてくるという
循環をおこしています。
これは正常細胞で常に起こっている現象であり、これで健康な状態が保たれているのです。
フコイダンにはこのアポトーシスと呼ばれる、循環を誘導する作用があるといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンのはじまり  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの高分子と低分子どちらがいいのか概要  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。