Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンのアポトーシス誘導作用

スポンサードリンク

フコイダンのアポトーシス誘導作用

フコイダンが持つといわれる細胞の自滅誘導作用は、アポトーシス誘導作用と呼ばれています。
基本的に正常細胞は、発生から死に至るまで自滅するようにDNAによりプログラムされています。
しかし、中には死なない細胞が増殖することがあります。これが『異常細胞=ガン細胞』とよばれているものです。
異常細胞は、ほぼ死ぬことが無く増え続け、転移し、体を蝕んでいきます。そこで異常細胞も正常細胞のようにアポトーシス、つまり自ら死を選んで消失してゆけば、がん細胞も恐れるものではなくなります。そして、その異常細胞を自殺に追い込む物質、その一つがフコイダンなのです。

このアポトーシス誘導作用については、1996年に開催された【第55回 日本癌学会】で
「フコイダンには、正常細胞に ほとんど影響を与えず、がん細胞だけをアポトーシス (細胞の自然崩壊) させる作用がある」という研究成果の発表から注目されるようになりました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの現状  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・高分子がよい理由2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。