Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンと水溶性食物繊維

スポンサードリンク

フコイダンと水溶性食物繊維

フコイダンも水溶性食物繊維ですが、食物繊維は体外に排出されて、腸では吸収されないと思われています。
しかしそれは違います。
腸の表面には、体に良い影響を与えるものだけを選別吸収する、M細胞という細胞があります。
フコイダンの一部もここで吸収されます。そして吸収されたフコイダンの情報が、M細胞の下にあるバイエル板と呼ばれる免疫に司令を出すところに伝令され、そこから様々な免疫細胞に迎撃指令が出ます。
この働きによって、体全体の免疫力が高まって行き、結果的に抗ガン力もアップするのです。

また、これはフコイダンが低分子化されなくても、効果があるという裏づけにもなっています。
フコイダンを低分子化して吸収させ、直接がんに作用するという直接的な方法ではありません。
吸収ではなく、指令をだして免疫力を上げてゆくというフコイダンの間接的な抗がん効果といえます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの研究発表  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・低分子が良い理由3  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。