Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンとアガリスク

スポンサードリンク

フコイダンとアガリスク

フコイダンはアガリクス茸やその他の薬用キノコと同じように、免疫細胞を活性化させ免疫力を増強させる(免疫賦活作用)強い働きがあることも確認されています。具体的に言うと、マクロファージやナチュラルキラー細胞、Bリンパ球などの免疫細胞の力を増強させることによってガン細胞を攻撃しようというものです。
特にアガリスクは、「β-(1→6)-D-グルカン」や「β-(1→3)-D-グルカン」など特定の多糖類が、ほかのキノコとは比べものにならないほど豊富に含まれています。
フコイダンとアガリクスなどのキノコ系の違いは、アガリスクなどの持つβ-D-グルカンと言う物質は、
免疫力を身体必要としている以上に上げすぎる問題をもっています。しかし、
フコイダンの場合は、身体のバランスに必要な分だけ上昇させる働きがあることが判っています。

しかし、いくら強いとはいえアガリスクは免疫細胞を活性化させ免疫力を増強するという間接的作用だけです。
フコイダンは、がんに対して直接的な作用も認められているのです。その点においてアガリスクよりも優秀であるといえます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの研究成果  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・高分子が良い理由3  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。