Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンと代替医療

スポンサードリンク

フコイダンと代替医療

代替医療とは、一般的な西洋医学の代わりとして行う医療のことです。たとえば、フコイダンなどの効果で自然治癒力(免疫力)を高めてがんなどの病気を治療したりすることです。しかし、まったく西洋医学をやめてしまうことはなく、併用して治療することが多いといえます。

フコイダンは、代替医療のなかでも副作用のない抗がん物質として注目されています。これは毒性が少なく副作用の心配もないという、いままでの手術や放射線治療、医薬品を使った治療方法とはちがった手法です。
アメリカでは、特に代替医療についての研究が進んでおり、1992年には代替医療事務局が設立されており、各大学などで、研究センターが設立されています。

これからは、このフコイダンを使った代替医療と、西洋医学に基づく一般的な治療法とを併用する手法が多く取られると考えられます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの成分  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・高分子が良い理由4  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。