Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンとアガリクスの違い

スポンサードリンク

フコイダンとアガリクスの違い

フコイダンは、がん細胞に直接作用して、がん細胞を消滅させる作用があります。正確な記述をすると、がん細胞が自殺死するようしむける、アポトーシス作用を持ち合わせています。

反面アガリクスは、 がん細胞を攻撃する免疫力を活性化させて、またそれを高める事で、体の中にある免疫細胞を強化してがんを攻撃するという作用があるといわれています。 一般的にきのこ類は免疫を活性化させる成分が豊富にあるとされていますが、中でもアガリクスは特にその成分が多いとされています。
しかし、いずれにしても免疫を活性化する事にとどまっています。

つまり、アガリクスは、間接的ながん攻撃作用を有しており、フコイダンは直接的ながん攻撃作用があるといえます。
作用の仕方が違うのです。
またフコイダンは、アガリクスと同じく免疫力を高める働きもあるとされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンは美肌にもいい?  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと硫酸基  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。