Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンと自滅誘導作用

スポンサードリンク

フコイダンと自滅誘導作用

フコイダンにはアポトーシス誘導作用という、細胞に自滅を促すように働きかける作用があります。
通常の細胞が古くなった場合、古い細胞→自滅スイッチが入り→新しい細胞の生まれ変わりが起こります。
これをアポトーシスといいます。

しかし、がん細胞などの異常細胞は、自己の異常蓄積によって通常のサイクルが狂ってしまっています。
このような異常細胞であるがんは自滅スイッチの機能が作動しなくなり、増殖を繰り返していくのです。
そこでフコイダンが、がん細胞にアポトーシス、つまり正常な自滅サイクルを起こすように変化させとしたら、
それはがん細胞を正常細胞化したといえます。

フコイダンにはこのアポトーシス作用をもっているといわれます。
このアポトーシスとがんなどの病気とのかかわりが、具体的にどのようなものか今はまだはっきりとはわかっていないようです。しかし、これからの研究でより明らかになると思われます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと一般的な治療法  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん治療1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。