Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンと免疫治療

スポンサードリンク

フコイダンと免疫治療

フコイダンと免疫治療
「人間の体内に元々存在する物質を用いて行う医学的な試み」という提唱を、 ノーベル化学賞・ノーベル平和賞を受賞した生化学者、故ライナス・ポーリング博士が1968年に「分子矯正医学」(Orthomolecular Medicine)と名付けました。これは免疫治療の元となる考え方です。

これは、細菌やウィルスなどが原因でない病気は「代謝の異常」であることを発見につながりました。
この代謝異常を元に戻すことこそ、免疫治療の本質です。
フコイダンは、がん細胞と戦う正常細胞と呼ばれる細胞を強化する作用があります。
それらは、マクロファージ、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)と呼ばれており、これらの細胞の活性化をフコイダンが促すのです。

しかし、フコイダンは免疫細胞を強化することにより間接的にはたらいているのです。つまり、免疫細胞を応援しているということだけになります。
フコイダンによる療法は、間接的であり本来的には免疫治療とはいえません。しかし、このように間接的意味合いで免疫細胞を活性化させる力を、フコイダンは調整できる作用も併せ持っています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとがん治療2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん細胞1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。