Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンとがん細胞1

スポンサードリンク

フコイダンとがん細胞1

フコイダンのその力今がまだ世の中に知られるずっと以前60年以上前に、
アメリカのあるがん患者から採取された「子宮頸がん」の細胞が、がんの研究資料として培養されることになりました。
この培養されたがん資料は、世界中の研究機関に配布されました。
そしてそれらの研究機関でも、がん研究用の資料として培養されています。
つまり、いまでも資料培養された「がん細胞」は研究所で生き続けており、がん研究に使われているのです。

60年も死なない細胞。これががんの正体です。
通常細胞は、その役目やある一定の時間が過ぎると死滅するようにプログラムされています。
つまり、人間誰でもいつかは死ぬというやつです。ところががん細胞は、その死に至るプログラムが壊れた存在なのです。フコイダンは、この暴走した異常細胞に立ち向かう力があるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと免疫治療  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん細胞2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。