Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンの免疫賦活作用

スポンサードリンク

フコイダンの免疫賦活作用

フコイダンには、アガリクス茸やメシマコブ、その他の薬用キノコ等と同じ様に、免疫細胞を活性化させて、かつ免疫力を増強させる、免疫賦活作用という働きがあることが確認されています。
そもそも免疫とは、身体外部からの入り込んだ異物やがん細胞などの『自分の身体とは違う物質』を、身体から排除する自己防衛機能のことです。その免疫機能をつかさどる免疫細胞を活性化することを、免疫賦活作用といいます。
フコイダンの免疫力強化作用とは、がんなどの異常細胞に打ち勝つために、人が本来持っている免疫力を強化する作用です。
具体的いうとフコイダンには、異常細胞と戦う正常細胞、マクロファージやNK細胞(ナチュラルキラー細胞)といわれる兵隊を増やすと共に、その兵隊(細胞)の力が強くなるように、促進する働きを持つという特性があります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと硫酸基1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・低分子がよい理由1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。